トップ  »  0. What's New  »  首都直下地震における緊急支援物資ロジスティクス(2018)

首都直下地震における緊急支援物資ロジスティクス(2018)

要旨
  2016年4月に発生した熊本地震では、「物資が届かない」問題が発生した。それは阪神淡路大震災から存在していた問題であり、長い年月を経ても問題が改善されていないことを裏付けている。このままでは東日本大震災や熊本地震を超える被害が予想される首都直下地震でも同じ事態が起こることが予想されるため、至急改善する必要がある。本論では緊急支援物資の供給過程における問題を分析し、改善策を提案する。詳細(報告書)

bichiku.png

このページの先頭へ

menu