トップ  »  0. What's New  »  輸送トラックの広告媒体としての活用とその広告効果の分析(2017)

輸送トラックの広告媒体としての活用とその広告効果の分析(2017)

要旨
  日本の物流において、トラックは最も利用されている輸送手段である。数多く存在する輸送トラックの荷台側面は空いていることが多く、そのスペースに地域に向けた広告を貼る「トラック広告」に可能性を見出せないか検討した。トラック広告は、輸送トラックの中でも区域トラックを利用することを前提とし、それは目標エリアのカバー率・強制認知力がともに高いと推察される。そして、2015年に行ったトラック広告の広告効果のシミュレーション調査を踏まえて、トラック広告の実現を目指した。実現にあたっては、複数の課題点が存在したが、それらを解決した上で、実際に3台のトラック広告を完成させた。さらに、一定期間走行したトラック広告の広告効果を、WEBアンケートを用いて測定した。その結果、トラック広告は地域に向けた有効な広告媒体として可能性があるという結論に至った。詳細(報告書)

truck.png

このページの先頭へ

menu