トップ  »  3. 研究実績  »  3.1 研究プロジェクト報告書  »  ジェネリック医薬品の普及のための流通に関する提言(2014)

ジェネリック医薬品の普及のための流通に関する提言(2014)

要旨
  今日の日本において高齢化により医療費が増加している。医療費増加により国民皆保険制度が崩壊の危機にある。国民負担がなく医療費を削減する方法として、国は先発医薬品よりも価格の安いジェネリック医薬品の普及を進めている。しかし、日本においてジェネリック医薬品はあまり普及していない。その原因は薬局の在庫管理の問題や、ジェネリック医薬品の品質に疑問があるからである。問題改善の提案として、近隣の薬局同士によるボランタリーチェーン化と共同倉庫の設置を提言する。共同倉庫の設置により在庫管理を高度化でき、1店舗あたりのジェネリック医薬品の在庫水準を減らすことができる。そして、近隣の薬局ボランタリーチェーン化により、地域の医師と薬剤師が協議して、薬剤の品質を吟味することで、ジェネリック医薬品の品質が保証できる。これによりジェネリック医薬品がより普及し、医療費削減に貢献するだろう。詳細(報告書)

generic.png



インナー大会におけるプレゼンテーション(youtubeより)

このページの先頭へ

menu